ALISSA

彼は雪に覆われた町にたどり着いた

激しい風と寒さは彼に追い討ちをかけていた

彼の心は既にズタボロだったけどそこ迄動いたんだ

もし動かなかったら絶対にそれを忘れ無いと思ったから


その町では仕事を見つけるつもりだったけど

本当は仕事じゃなくて、ただ何かを忘れたかっただけだった

思い出が絡み付いてけど彼は目を閉じてそれを受け入れる

結局、それが作り出した闇にゆっくり落ちていくんだ


ある日、突然彼女と出逢ったんだ、本当に偶然に

彼女は何でも知っているようにに話をしてくる

彼女と話をしているとふわふわしてきて、とても変な感じだった

彼はその不思議な感覚の中で癒されていった


彼らの吐いた煙がガレージを漂っている


かっこいい曲を演奏するバンドが居る店で

彼女は踊りながら彼のそばに歩み寄り

そして「一緒に踊ろうよ」と合図した

この瞬間に闇からの道を見つけたんだ


そして彼は南行きのバスチケットを取った

Facebook

twitter


Creative Commons License
このサイトの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
This work on this SITE is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 4.0 International License.